ファイナンシャルプランナーを学びましょう

ファイナンシャルプランナーと言う資格

ファイナンシャルプランナーと言う資格 ファイナンシャルプランナーと聞いて、どのような資格が何かを把握している一般のお客様は少ないです。
ファイナンシャルプランナーは、人生でかかるお金関係のエキスパートです。
人生でかかるお金というと、住宅ローンや子供の教育費などの大きな分野の物や節約や家計の資金繰りなどの軽微なお金の事も的確にアドバイスをする事ができます。
一般のお客様は、税金やローンなどのお金の数字に弱い人が多い傾向です。
そんなお客様へ的確なアドバイスができる資格であり、需要がある事は間違いはないです。
人間、把握できていない事やリスクが多い事に一歩を踏み出すことは躊躇してしまいます。
そんな時は、各市町村にいるファイナンシャルプランナーへ相談する事により、解決する事が多いです。
資格には、3級と2級があります。
3級は合格率が70%と高確率で合格する傾向にあります。
しかし、業務に直結する2級になると合格率が下がります。
約30%ほどになります。
合格するためには、かなりの努力が必要です。
通信教育や学校に通う事が一番の取得率を上げる方法だと思われますが、資金面と相談をしないといけません。
そのため、独学という道もあります。
自分にあった方法で資格を取得してビジネスシーンで生かして欲しいです。

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーの仕事 ファイナンシャルプランナーは、個人や個人企業、中小企業などを中心に、ライフプランニングや資金計画などの相談やアドバイスを行う職業です。
より細かく分類すると、数多くの業務が把握できますが、ここでは主にライフプランニングから生活設計と保険の見直し、資金計画から個人企業や中小企業の資金の計画について見ていきましょう。
ライフプランニングの中の生活設計とは、就職や結婚、出産や定年退職など様々なライフステージに合わせて、その都度必要になる収支のバランスを考えることにより、安定した生活を手助けするものです。
実際に、ファイナンシャルプランナーの仕事の依頼で一番多く、仕事の中心となっています。
また、ライフプランニングの中の保険の見直しも、ある種生活設計の一部であり、数多くの保険のサービスの中から最低なものを選び出し、最大の効果を最低限の費用で受けられるようなアドバイスをすることをいいます。
次に、個人企業や中小企業に対する資金の計画とは、個人に対する生活設計の企業版と考えると分かりやすいです。
ただ、企業特有の収支の種類やタイミングを考慮することになるので、個人の生活設計とはまた違った視点や考え方からアプローチしていく必要があります。
どの仕事を行うにも、幅広い知識や経験が必要となるので、ファイナンシャルプランナーを目指している人は、試験勉強の段階からしっかりと基礎から固めるようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー関連リンク

FP・ファイナンシャルプランナーAFP+2級技能士が同時取得できる通信講座を行っています。

ファイナンシャルプランナー