ファイナンシャルプランナーを学びましょう

ファイナンシャルプランナーの資格の合格率について

資格の合格率について ファイナンシャルプランナーになりたいと思ったからといって、誰でも次の日からなれるわけではありません。
そのためには、試験に合格して資格を取得する必要があります。
ファイナンシャルプランナーの資格は、3級と2級の試験にわけられます。
3級の試験というのは、いわゆる入門編のような形で難易度は低めです。
入門編ということで、受験者も学生から主婦層まで幅広い世代に分かれるということも3級の試験の特徴の1つです。
また3級の試験における合格率は、高いときには70%近くなるなど、合格しやすくなっています。
一方で、実務レベルの資格となるのが2級の試験です。
ファイナンシャルプランナーとして働きたいと考えているなら、実務レベルの2級試験に合格することが必要不可欠です。
入門編の3級よりも難易度が上がっているため、しっかりと勉強する必要があります。
そうはいっても、合格率が高いと40%を超えることもあるため、一般的な国家資格と比べると比較的高い合格率となっています。

ファイナンシャルプランナーの資格試験の内容について

資格試験の内容について 資格試験の内容は、不動産運用設計と金融運用設計、タックスプランニングやライフプランニング、相続とリスク保険などです。
全ての課目に合格すれば、ファイナンシャルプランナーへの道が開けることになります。
金融運用には過去の株式や為替の値動きに関することがいくつか出てきます。
毎日新聞の金融欄を読んでいれば、何らかの対策につながる場合があります。
ITバブルや昔の1980年代のバブルの話が出てくることもあるので、その当時のことが書かれた本を読んで置けば対策に効果的です。
不動産の部分は日本の地価のことや、不動産投資の話が登場します。
ネットで全国の地価のチャートを見ることができるので、調べておけば役立ちます。
タックスとライフプランニングは、ファイナンシャルプランナーの通信講座で学習可能です。
相続とリスク保険については、通信講座の動画の部分で教師が説明していることがあります。
リスク保険については、サブプライムローンの話が登場しやすいです。