ファイナンシャルプランナーを学びましょう

ファイナンシャルプランナーの役割とは

ファイナンシャルプランナーの役割とは ファイナンシャルプランナーとは、お客様の資産運用や金融商品の購入や保険の選択など広い分野で経験に基づく知識を駆使して提案を行います。最も賢明な選択をすすめるのがファイナンシャルプランナーの役割です。
実際に試算を出してみて、お客様の納得のいく説明ができる必要があります。ファイナンシャルプランナーは、資格取得にあたって、専門知識を習得しています。
専門知識による裏付けをもって提案ができるのが強みになります。保険の選択では、保険会社の営業担当者と違って、第三者の立場で数ある保険商品のなかでお客様にふさわしい保険商品を提案します。
おすすめする根拠をわかりやすくまとめてお客様に提示します。数ある選択肢を示して、その中から選んでいただくことを重視します。
お客様の年齢に合わせたライフプランを示して、その時期にあわせた提案ができるのもフィナンシャルプランナーの役割になります。お客様に寄り添って提案をするのが専門家としての役割になります。

ファイナンシャルプランナーの必要性が高まるシーンとは

ファイナンシャルプランナーの必要性が高まるシーンとは ファイナンシャルプランナーはお金の知識が身につきますので、普段の生活の中でも役にたちます。
たとえば一生の買い物である住宅を購入する場合は必要性が高まります。住宅ローンはいろいろな種類があるので、無理なく返済できるものを選ぶことができますし、返済計画や返済方法などはファイナンシャルプランナーの資格があれば理解しやすくなります。
知識があれば無理のない返済計画なのか検討したり、完済するまでにいくら利息を払うのかが分かります。
それによって借り換えをして住宅ローンを変えたり、繰上げ返済したほうがいいのかなどの検討も他人に相談しなくても自分で判断できます。
また生命保険の加入するときも必要性が高まります。ファイナンシャルプランナーは生命保険の知識もあるので、勧誘されるままでなく自分で数ある生命保険の中から家族にあった生命保険を選ぶことができます。
すでに加入している場合は生命保険が自分にあったものなのか検討して見直しもできます。