ファイナンシャルプランナーを学びましょう

ファイナンシャルプランナーの仕事とは

ファイナンシャルプランナーの仕事とは これからファイナンシャルプランナーを取得しようと検討している方が結構いるかと思われます。
そこで、ファイナンシャルプランナーの仕事とはどういうものがあるかについて見ていきます。
簡単に言うと、個人や中小企業の相談を受けて、資金計画を立ててアドバイスをする仕事になっています。
具体的な相談内容は、生涯生活設計や生命保険の見直し、家計収支の見直し、金融資産運用設計などを挙げることができます。
どんどんファイナンシャルプランナーの必要性が増しているので、資格を取得しようとするのは賢明な選択だと評価できます。
個人で独立して仕事をする選択も可能なので、仕事の幅が間違いなく広がります。
お金の相談をしたいと考えている方が多くいるので、独立して働く選択も良いと思われます。
ファイナンシャルプランナーの資格は1級、2級、3級があるのですが、仕事で使うことを考えたら2級以上取得することが必要です。
3級だけでは厳しいので気をつけてください。

就職に有利な資格:ファイナンシャルプランナー:その取得方法について

就職に有利な資格:ファイナンシャルプランナー:その取得方法について ファイナンシャルプランナーとは、家計に関わる金融や住宅ローン、保険、不動産、年金制度、教育資金、税制などの幅広い知識を持ち、人々が将来の夢を叶えることができるように一緒に考え、サポートしていく専門家のことです。
このファイナンシャルプランナーの資格を取得しておくと、就職の際に有利になるなど生活や社会の様々な場面で役に立ちます。
どのようにすれば資格を取得できるかというと、日本FP協会から認定を受けた教育機関により実施されるFP講座を修了し、指定された試験に合格するなどの一定の要件を満たすことによって取得することができます。
基本的なルートは、AFP認定研修を修了後、2級FP技能検定を受け、合格することによって資格を取得するというルートです。
その他にも、CFP認定教育プログラムに対応した課程を実施している大学院で日本FP協会が定めた所定の課程を修了し、協会が認める提案書課題の作成講座を修了することや、AFP認定研修の受講時点で税理士会もしくは公認会計士協会に登録されている人の場合ならば税理士課程を修了することでも資格を取得することができます。